【広告デザインへの入門編】〈文字組編〉

〈文字組とは?〉

広告の中でまず必要なもの、それは「文字」。
文字の置き方ひとつがデザインであり、考え方、思いが入っていると思います。
つまり、文字の大きさ・フォント・色などの様々な要素を使うことにより、それらを表現します。

大小の文字を組み合わせることを
〈文字組〉といいます。



下記にあるポスターは
「ホルスティー社のマニフェスト」


あまりアートには興味がないんですが(汗)、部屋に飾ろうと購入したポスターです。
ニューヨークのデザイン事務所の働き方の主張です。(詳しくはグーグル先生で)

すき間なく敷き詰められた文字。
特に言いたいことは大きく、メッセージを込めたポスターです。


これが「文字を組む」ということで、ただ紙面にランダムに文字を置いているワケではないのです。




〈文字組とは?〉

基本のひとつあり、基準なのです。
写真や素材に頼らなくでも紙面を埋めることができるようになります。


〜つづく




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今後自分が経験したことを綴っていこうと思います。
緩くいろいろなネタ話を連載していきます〜

This entry was posted in 広告デザイン. Bookmark the permalink.
  • writing :
    junichi shibasaki
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です